ブラックリストに登録されると、クレジットカードが作れなかったり、ローンが組めなくなります。

MENU

ブラックリストについて

クレジットカードやローンなどの返済が滞ったり、自己破産などの債務整理を行うと、金融機関で使用している「信用機関情報」に「事故情報」として掲載されます。

 

この事を通称「ブラックリストに載る」という例え方をしますが、「ブラックリスト」という名前のものは存在していません。

 

信用機関情報を管理しているのは

  • 日本信用情報機構
  • CIC
  • 全国銀行個人信用情報センター

の3つがあります。

 

これらの3箇所の情報は共有されており、どこか1箇所に登録すれば他の2箇所でもその情報を確認する事が出来るようになっています。

 

クレジットカード発行ができない

このブラックリストに登録されてしまうと、クレジットカードの発行が出来なくなったり、ローンが組めなくなります。
一度ブラックリストに載ってしまうと一定期間記載されたままになり、その間はこれらの契約が出来なくなります。

 

ブラックリストに載る期間はどのような「事故情報が記載されたか」によります。

 

例えばローンなどの支払いが数ヶ月遅れたら「約5年間」、自己破産したら「約10年間」などです。

 

特に「支払いが数ヶ月延滞してブラックリストに知らないうちに載っていた」という人の割合は多いので、もしもクレジットカードの審査やローンの審査に通らない、といった方は一度自分の金融信用情報を調べてみるとよいでしょう。

 

3つの信用情報機関には「本人開示制度」があり、手続きをする事で自分の金融信用情報がどのようになっているのか調べる事ができます。

 

情報を確認する場合、直接確認する方法郵送で確認する方法の2つがあります。
手数料や申し込み時に必要な書類が各機関によって異なるので、Webサイトなどで確認してみるとよいでしょう。