ヤミ金業者には利用者を利用する詐欺の種類があります

MENU

利用者も罪に問われるヤミ金の詐欺

ヤミ金業者に返済ができないと、口座の買い取りを持ちかけられることがあります。

 

ヤミ金業者にとって、口座はいくらあっても足りないからです。
使用目的は、被害者であるヤミ金の利用者からの振り込みを受けるためです。

 

利用者に作らせた口座を、他の詐欺集団に転売することもあります。

例えば、転売された口座にオレオレ詐欺に騙された人からの振り込みがあったりすると、ヤミ金業者に口座を作らされた人も法律を犯したことになります。

 

そもそも、銀行口座は転売を目的として開設できるものではありませんし、作った本人も、犯罪目的に作らされているということを自覚しながらも、借金の返済ができない為に、口座を開設してしまっているので、詐欺罪や、犯罪収益移転防止法違反に問われてしまうのです。

 

また、口座以外でも携帯電話を契約するように持ち掛けられることもあります。

これは主に、インターネット上のヤミ金が仕掛けてくる詐欺です。
その他のヤミ金業者が仕掛けてくる詐欺

 

口座と同じように、他人名義の携帯電話も闇金にとっては、重要な小道具です。

 

インターネット上で携帯電話を契約して、それを私書箱に送ると数万円が支払われるというような広告には、注意が必要です。

 

この行為も犯罪に加担したことになりますし、これをきっかけにヤミ金融の罠にさらにはまってしまう恐れもあるからです。

 

まず、携帯電話会社に対して、転売目的であることを偽り、契約購入したことへの詐欺罪、そして、携帯電話不正利用防止法に違反した罪に問われます。
その上、ヤミ金に渡した携帯電話の使用料金の請求にも応じなくてはなりません。

 

口座売買も、携帯電話売買も、どちらも犯罪行為ですので、借金の返済に困っていても、してはならない行為です。
ヤミ金での借金がある人は、早めに専門家に相談をし、ヤミ金の借金問題を解決しましょう。