具体的にヤミ金の取立てとはどのようなものでしょうか

MENU

ヤミ金の取立て

法律によって禁じられている取り立て行為とは・・・

利用者本人との連絡が可能であるにもかかわらず、利用者の家族や親せき、会社などに、取り立ての電話をしたり、取り立てに出向いたりすること、出向いた先で、訪問を拒否されているにもかかわらず居座ること、朝8時から夜間21時までの時間帯以外に取り立て行為をすること、利用者の家のドアや、家の周辺に張り紙をするなどして、利用者に嫌がらせをすることというようなことです。

 

これらの行為は、近隣の住民や勤務先の人々にもわかってしまうので、警察に通報される恐れがあるため、実際にヤミ金が取り立ての為に実行することはほとんどありません

 

ヤミ金が実際にする取立ては、法の網をうまく潜り抜け、周囲の人に違法な取り立て行為をしていることが知られないような方法で行われます。

 

利用者も闇金を利用していることを、周囲の人に知られたくないので、自分も犯罪行為に加担することになるとわかっているような条件の取引にも、返済をしたいが為に応じてしまうことが多くあるのです。

 

具体的には、他の業者に依頼して、依頼人の電話番号や住所、勤務先などの情報を渡して、先取り立てを依頼すること、利用者を脅迫すること、クレジットカード現金化や銀行口座の売買、携帯電話の違法契約を依頼することなどがあげられます。

 

どの方法も違法行為ですが、本人も周囲に知られたくないと思って、秘密裏に実行するので、非常に多くの人がこういった詐欺の被害者となり、さらに借金を増やしてしまいます。

 

さらに、クレジットカード現金化や銀行口座、携帯電話の違法契約などの行為は、ヤミ金業者だけではなく、利用者も犯罪行為に加担したことになり、罪に問われます。

 

その上、クレジットカード現金化の場合には、借り入れ残額の一括返済と、カードの利用停止、銀行口座の売買の場合には、銀行口座の凍結、銀行との取引停止、携帯電話の場合には、電話の利用料金の支払いと契約取り消しといったことがおこなわれてしまいます。