MENU

ヤミ金業者の手口

誘い込み方

ブラックでも貸し出します、審査なし、低金利、即日融資など、多重債務者に狙いをつけ、借金の返済に困窮している人が飛びつきたくなるような宣伝文句で、利用者を誘い込みます。
街中の看板やポスターの他、他のヤミ金融の情報から、多重債務者を探し出し、電話やダイレクトメール、FAXなどで個人的に誘いをかけてきます。
ヤミ金融は、お互いに情報を共有し、利用し合っているのです。

 

 

ヤミ金融の貸付方法

ヤミ金融は銀行ローンのように多額の融資をするわけではありません。
すぐ返せると利用者が判断するような金額の融資をします。
ただし、利息が非常に高く、貸付期間が1週間程度と短いので、あっという間に高額な借金になってしまいます。

 

 

貸付時にヤミ金業者が張る罠

貸し付けをする際に、ヤミ金業者は、利用者本人の情報以外に、会社、家族や親せき、友人の連絡先も提示するように求めてきます。
これは、後日、会社、家族や親せき、友人を取り立てに巻き込むためです。

 

 

紹介詐欺

利用者がヤミ金からの借金を返済できないと、仲間の金融業者を紹介し、そこで借金をして返済するように持ち掛け、借金してきた金額のうちの一部を手数料としてだまし取る詐欺です。

 

 

買取り詐欺

利用者がヤミ金からの借金を返済できないと、クレジットカードで上限まで買い物をさせ、その商品を安価で買い取り、下取り業者に転売して利益を得るという詐欺です。
利用者には、カード会社への多額のローンが残ってしまいます。
そしてその支払いをする為に、ヤミ金業者は、再度高金利の融資をしてきます。

 

 

整理屋詐欺

弁護士事務所や司法書士を騙って借金問題を解決するという広告で利用者をおびき寄せ、返済金や手数料をだまし取る詐欺です。実際に借金問題が解決するわけではありません。それどころか、さらに借金が増えてしまいます
これは、ヤミ金融業者の詐欺の手口のほんの一部です。
ヤミ金業者は、法の目を潜り抜けるために、法改正に伴って、次々に詐欺の手口を替えていきます。
借金をする前に、正規の業者かどうか確認すること、借りてしまった場合には、専門家に相談することが大事です。