ヤミ金にはリストがあり、それを元に勧誘しています

MENU

闇金のリスト

ヤミ金は違法性が高いために、新聞や雑誌などはもとよりインターネットを使った広告をすることができません。
そのような広告を出しても、お金に困っていない人がいきなり高金利の借入をすることはありませんし、
広告を見た警察などに摘発をされてしまうからです。

 

そのため、闇金業者はお金を借りてくれそうな人や会社に、ダイレクトメールやファクシミリなどを送って
勧誘するようにしています。

 

これであれば、警察に見つかり難くなりますし、必要な相手だけに情報を送ることができますが、
このダイレクトメールやファクシミリによる勧誘をするにも、費用や手間が掛かりますので、
できるだけ効率的に勧誘するために、ヤミ金のリストと呼ばれるものを使って送り先を決めています。

 

ヤミ金のリストは、過去に多重債務者となったり借金の返済が滞った経験がある人が記載されています。
このような人たちは、また借金を繰り返してお金に困る可能性が高いために、ヤミ金業者を利用すると考えられているのです。
そして、実際にヤミ金のリストを使って借金の勧誘をしているヤミ金業者は、多くの利益を容易に手にしています。
ヤミ金のリストはヤミ金業者の間で売買されたりしていますので、リストにのっている人のもとには、
多くのヤミ金業者からの連絡が途絶えることがありません。

 

複数のヤミ金業者が連携をして、ヤミ金業者への借金の返済が困った時を狙って
勧誘のダイレクトメールやファクシミリが送られて来ることもあります。