買取り詐欺の被害に遭わない為には

MENU

買取り詐欺について

借金の返済が滞ると、ヤミ金業者が仕掛けてくる詐欺の一つである買取り詐欺は、クレジットカードを使って、ヤミ金業者の指定した購入した商品を購入し、その商品を闇金業者が定価より安く買い取るというものです。

 

反対に、クレジットカード現金化、ショッピング枠を現金化というような看板で、借金の返済に行き詰っている利用者を呼び込むこともあります。

 

この詐欺は、利用者は現金がなくても商品が購入できるので、商品を購入することで現金が手に入る、ヤミ金業者は利用者に購入させた商品を安価で買い取り、下取り業者に売るので、差額で利益が出るという仕組みです。

 

利用者がクレジットカードのキャッシング枠を使い切っていても、ショッピング枠は使えるので、キャッシング枠を使い切って困っている利用者には、飛びつきたくなるような方法です。

 

しかし、この差額が、非常に大きく、換金率は7割から9割のことが多いようです。

 

例えば、30万円の商品を購入した場合、利用者には、21万円から27万円の現金が渡されますが、30万円のクレジットカード会社への借金と返済方法によって異なりますが、年利約10パーセント前後の利息が残ります。
もし、リボ払いなどで返済すると、年利200パーセント以上の利息がついてしまいます。

 

ヤミ金業者は儲かりますが、利用者はますます借金が増える結果になってしまいます。
そして、何より、この行為は違法行為なので、知らずにやってしまったとしても、法に触れたことになってしまいます。

 

なぜなら、クレジットカード会社への支払いが終わるまでは、購入した商品は利用者の所有物ではないからです。
それを転売することは、違法行為なのです。

 

クレジットカード会社も、このような使い方を認めていませんので、このような使い方をした場合、カード利用停止および、残額一括返済を求められます。