090金融とは、携帯電話だけで営業する違法な闇金業者の一種です。

MENU

090金融

090金融の名前を聞いたことがあるでしょうか?
闇金に詳しくないと知らない人も多いでしょう。

 

簡単に説明すると、携帯電話だけで営業する違法な闇金業者の一種です。

 

携帯電話が普及した当初は、電話番号の頭が090だったことが由来しています。
現代では080や070が使用されているので、090以外は安全だと言う訳では無いので注意しましょう。

 

 

携帯電話を利用した闇金は、無差別に電話を掛けることから始めます。

2015年に確認されたものだと、電話のリストに片っ端から電話を掛けてワンギリして行きます。
折り返しで電話を掛けた人には音声案内で「即日500万円の融資可能、詳細はAAA-XXXX-OOOOまでお電話ください」と通知します。
怪しさしか感じない電話であり、明らかに違法性の高い闇金だと分かるのに利用してしまう人が居ます。

>>ヤミ金のリストについてはこちら

 

 

電話を掛けると闇金業者が出て、お金を貸すための方法を連絡して来ます。

当然ですが本名や住所、電話番号、家族構成などを聞かれ、職場についても聞かれます。
ここで安易に答えてしまうと、借金していなくても勧誘の電話や嫌がらせを受けることがあります。
この090金融の特徴は実際に会わない点です。
強面の男と出会えば怖くなり利用しないこともありますが、電話越しだとその恐怖心が薄れてしまうのでしょう。
利息の支払いが滞れば嫌がらせが発生し、自宅に押し掛けられる危険性もあるので注意が必要です。

 

他にも、電柱に怪しい電話番号が掛かれているのを見たことはありませんか?

即日30万、無担保で融資可能、そんな言葉と共に電話番号が書いたチラシが、電柱や公共トイレに張り付けられています。
ここに電話を掛けてしまうと、やはり闇金業者に目を付けられてしまうでしょう。
非通知であれば関係を絶つことが出来ますが、相手に電話番号を知られてしまえば昼夜関係なく連絡が来てしまいます。

 

090金融の闇金でトラブルになったらすぐに弁護士や最寄りの警察、市役所の生活担当へ相談するようにしましょう。
闇金と関わった時点で既に危険な状態だと認識するのが大切なのです。